デブにはゼニカル

ゼニカルのジェネリックについて説明しています

ゼニカルのジェネリック

ゼニカルはいわゆる先発薬のほかに、ジェネリック医薬品が作られています。

この薬を使ってダイエットをするときは、定期的にゼニカルを服用することになるので、安く手に入れることができるジェネリック医薬品を使うのがオススメです。

しかし、海外に比べて日本ではジェネリック医薬品そのものの馴染みが薄く、一体どういった薬なのか詳しく知らない方も多いことでしょう。もしくは、ジェネリック医薬品について知ってはいるけれど、ゼニカルのジェネリックにはどういったものがあるのか知らないという方もいらっしゃるかもしれません。

ゼニカルのジェネリックを実際に手に取る前に、ジェネリック医薬品やゼニカルのジェネリックについての情報を確認しておきましょう。

ジェネリックとは

そもそもジェネリック医薬品とは、一体どのような医薬品のことを指すのでしょうか。

最近耳にする機会が増えてきた言葉ですが、詳細を知らないままだと安心して使うことができませんよね。

ジェネリック医薬品は後発医薬品ともいい、先に発売された薬の特許が切れたあとに製造されるようになる医薬品のことです。

先に発売された先発薬よりも価格が安いのが特徴で、元になった薬と同じ成分を使って作られています。

成分の配合量も同じになるように作られているので、先発薬と同じ効き目を期待できるのが魅力です。

ジェネリック医薬品についてあまり詳しくない方の中には、効き目が劣るというイメージをしている方もいますが、実際にはそのようなことはありませんので、安心してください。

海外ではジェネリックが一般的

ジェネリック医薬品は海外で深く浸透しており、さまざまな国がジェネリック医薬品を活用しています。

海外では先発薬よりもジェネリック医薬品のほうが主流となっており、イギリスやドイツ、フランスといった医療先進国ではジェネリック医薬品の普及率は70%を超えています。

また、多くの人が住んでいる大国であるアメリカでは、使われている薬の90%がジェネリック医薬品だといわれています。

これらの国では昔から医療費の削減が課題になっていたという背景があるため、先発薬よりもジェネリック医薬品が選ばれるようになり、普及が進みました。

世界保健機関でもジェネリック医薬品の使用推進が提唱されているため、世界的にみても一般的な医薬品だといえるでしょう。

日本でもジェネリックを推奨

日本ではジェネリック医薬品の普及は進んでおらず、68.9%しか普及していないという調査結果が出ています。なぜ日本ではジェネリック医薬品が一般的ではないのかというと、医療制度の違いが理由にあります。

日本では国民皆保険制度という医療制度があり、この制度のおかげで、国民全員が平等に質の高い医療を受けることができています。

しかし、この制度は患者が負担する医療費の何倍もの費用を、健康保険料や国の税収入で支えているため、医療費の増大に繋がっています。

そのため、日本でも医療費の削減が課題となっており、ジェネリック医薬品が推奨されるようになってきました。最近、さまざまな場所でジェネリック医薬品の情報を目にしたり、耳にしたりするようになったのには、こういった背景があるためです。

先発薬との違い

ジェネリック医薬品は先発薬に似た部分が多くありますが、全て一緒というわけではありません。

先発薬と異なる部分もあるので、先発薬とはどういった部分が異なるのかを知っておくのも大切です。

ジェネリック医薬品と先発薬の違いとして、真っ先に挙げられるのが価格です。

先発薬は成分の開発と研究に長い時間とお金をかけているため、その分の費用を回収するために価格が高めに設定されます。

これに対し、ジェネリック医薬品はすでに効果があると判明している成分を使って作られるので、成分の開発や研究に時間とお金をかける必要がありません。そのため、ジェネリック医薬品は先発薬よりも安い価格設定で販売することができるのです。

また、薬を飲みやすくなるようにコーティングしたり、添加物や錠剤の形を変えたりしていることもあるので、ここも先発薬との違いに含まれます。

ゼニカルのジェネリックの種類

ゼニカルは発売されてから時間が経っているため、さまざまなジェネリック医薬品が作られています。

継続してゼニカルを服用する場合、ゼニカルのジェネリックを使ったほうが金銭的な負担を減らすことができてお得であるといえます。

ゼニカルのジェネリックにはどのようなものがあるのか、有名なものをいくつかご紹介します。

ゼニカルを使ったダイエットをできるだけお得なものにしたいと考えている方は、ジェネリックもぜひ確認しておきましょう。

オルリファスト

ゼニカルのジェネリックの中で、もっとも多くの人に知られているのがオルリファストです。オルリファストはロイド・ラボラトリーズ社という製薬会社から販売されている、ゼニカルジェネリックです。

この製薬会社はフィリピンにありますが、アメリカや東南アジア全域に製造工場を持つ有名なメーカーです。

信頼性の高いメーカーが作っているジェネリック医薬品のため、安心して服用することができます。

オベリット

ゼニカルのジェネリックはオルリファスト以外にも、オベリットというものもあります。オベリットは、インドの製薬会社であるインタスファーマ社が製造しているジェネリック医薬品です。

配合されている有効成分はゼニカルと同じで、発売されている用量も同じという共通点があります。

効果のあるダイエット薬をできるだけ安く手に入れたいとお考えの方には、オベリットもオススメです。

オルリガル

オルリファストと並んで有名なゼニカルのジェネリックが、オルリガルです。オルリガルはハブ・ファーマシューティカルズ&リサーチ社という製薬会社から製造・販売されており、インドを中心に販売されています。

30年以上の実績による高い技術力がある会社で作られているため、安心して服用することができます。

海外で作られているジェネリック医薬品だからこそ、少しでも安心して飲めるものがほしいという方にオススメです。

フォビカル

比較的新しい会社で作られている商品では、フォビカルというものもあります。フォビカルはインドのサバ・メディカ社という製薬会社で作られており、ほかのゼニカルジェネリックに負けない品質であるというのが特徴です。

販売国は主にインドですが、インターネットの通販でも取り扱われているので、さまざまな国で購入することができます。

ビーファット

ビーファットもゼニカルのジェネリック医薬品として注目を集めています。インドのインタスファーマ社で作られているビーファットは、さまざまな通販サイトで取り扱われている商品です。

ゼニカルと同様の効果があるとしてこちらも注目されており、さまざまな人が購入しています。

袋に個包装されているので持ち運びやすく、外出時にも簡単に持っていくことができます。

まとめ

ご紹介したように、ゼニカルのジェネリックにはさまざまなものがあります。

日本ではジェネリック医薬品の普及があまり進んでおらず、ジェネリック医薬品について勘違いしている方もいます。

しかし、ジェネリック医薬品は先発薬と同等の効果を持ち、安く手に入れることができるため、実際に薬を使う側からすると心強い味方であるといえます。

どれだけ効果があるダイエット薬でも、高い価格のものを継続して購入するのはどうしても負担になってしまいます。

ダイエットに対して高い効果を発揮してくれるものだからこそ、ジェネリックを上手に活用して、少しでもお得に手に入れることをオススメします。

ゼニカルはもちろん、ゼニカルのジェネリックも活用して、ダイエットを成功させましょう。